平成29年度事業予定

平成29年度 休館日
2017年
 4月 3(月)、10(月)、17(月)、24(月)、28(木)
 5月 1(月)、8(月)、15(月)、22(月)、29(月)、31(水)
 6月 5(月)、12(月)、19(月)、26(月)、30(金)
 7月 3(月)、10(月)、18(火)、24(月)、31(月)
 8月 7(月)、14(月)、21(月)、28(月)、31(木)
 9月 4(月)、11(月)、19(火)、25(月)、29(金)
10月 2(月)、10(火)、16(月)、23(月)、30(月)、31(火)
11月 6(月)、13(月)、20(月)、27(月)、30(木)
12月 4(月)、11(月)、18(月)、25(月)、28(木)~31(日)
2018年
 1月 1(月)~4(木)、9(火)、15(月)、22(月)、29(月)、31(水)
 2月 5(月)、13(火)、19(月)、26(月)、28(水)
 3月 5(月)、12(月)、19(月)、26(月)、30(金)

2010年1月30日土曜日

展示品紹介⑦ 巧の松

巧には、二つの顔がありました。
一つは、朝鮮半島の工芸品研究家としての顔。
そして、もう一つは林業の技術者としての顔。


巧が朝鮮人同僚たちの何気ない会話から、
ヒントを得たという「露天埋蔵法」は、
当時としては画期的な発見でした。

また養苗に関する論文を発表したり、
講演をしたりもしています。
「学者たりうる人物であった」と評する、
林業関係者もいます。

資料館には、苗を育てる巧のジオラマ
(左側、しゃがんでいる人が巧です)の横に、
巧が実際に朝鮮半島で植えた松の木が
伐り出され、展示してあります。

太いものは一抱えほどもあり、
年輪を見せているものは樹齢80年ほど、
直径が50センチ近くあります。
巧が植えた木々は、
巧亡き後も着々と根を張り、枝葉をひろげ、
堂々たる大樹に成長していました。

朝鮮半島には今も、
巧ゆかりの木々が沢山あるはずです。

0 件のコメント: