【開館時間】10:00~17:00(入館は16:30まで)
観覧料】 大人210円  小中生100円

浅川伯教・巧兄弟資料館 (アサカワノリタカ・タクミ キョウダイシリョウカン)
〒408-0002
山梨県北杜市高根町村山北割 3315
   (ホクトシ タカネチョウ ムラヤマキタワリ)
電話:0551ー42ー1447
FAX: 0551ー47ー4784

2010年1月30日土曜日

展示品紹介⑦ 巧の松

巧には、二つの顔がありました。
一つは、朝鮮半島の工芸品研究家としての顔。
そして、もう一つは林業の技術者としての顔。


巧が朝鮮人同僚たちの何気ない会話から、
ヒントを得たという「露天埋蔵法」は、
当時としては画期的な発見でした。

また養苗に関する論文を発表したり、
講演をしたりもしています。
「学者たりうる人物であった」と評する、
林業関係者もいます。

資料館には、苗を育てる巧のジオラマ
(左側、しゃがんでいる人が巧です)の横に、
巧が実際に朝鮮半島で植えた松の木が
伐り出され、展示してあります。

太いものは一抱えほどもあり、
年輪を見せているものは樹齢80年ほど、
直径が50センチ近くあります。
巧が植えた木々は、
巧亡き後も着々と根を張り、枝葉をひろげ、
堂々たる大樹に成長していました。

朝鮮半島には今も、
巧ゆかりの木々が沢山あるはずです。

0 件のコメント: