【開館時間】10:00~17:00(入館は16:30まで)
観覧料】 大人210円  小中生100円

浅川伯教・巧兄弟資料館 (アサカワノリタカ・タクミ キョウダイシリョウカン)
〒408-0002
山梨県北杜市高根町村山北割 3315
   (ホクトシ タカネチョウ ムラヤマキタワリ)
電話:0551ー42ー1447
FAX: 0551ー47ー4784

2009年12月15日火曜日

展示品紹介① 巧の日記とデスマスク


巧の日記とデスマスクです。
保存の都合上、展示してあるのは複製ですが、
精巧に再現されています。

日記はA4サイズ位の400字詰原稿用紙に黒インクで書かれ、
二つ折りにして月別にとじてあります。

日記の文章は活字で読むと抑制のきいた印象を受けますが、
実際は勢いのある文字で、流れるように書かれています。

また何箇所も修正のあとがあったりしますので、
やはり思いのままを筆にまかせてつづったものでしょう。

現存している日記は1922(大正11)年の1月から12月までと、
翌1923(大正12)年の7月と9月のものです。

この時、巧は30~32歳。

前年に最初の妻みつえに先立たれ、
林業試験場の雇員から技手に昇進する一方、
兄伯教や柳宗悦らとともに、
1924(大正13)年の朝鮮民族美術館設立に向け、
奔走していた時期にあたります。

0 件のコメント: