【開館時間】10:00~17:00(入館は16:30まで)
観覧料】 大人210円  小中生100円

浅川伯教・巧兄弟資料館 (アサカワノリタカ・タクミ キョウダイシリョウカン)
〒408-0002
山梨県北杜市高根町村山北割 3315
   (ホクトシ タカネチョウ ムラヤマキタワリ)
電話:0551ー42ー1447
FAX: 0551ー47ー4784

2009年12月16日水曜日

展示品紹介② 続・巧の日記とデスマスク

巧のデスマスクは兄・伯教が書いたものです。

A5版ほどの大きさの紙に濃い目の鉛筆を使い、
短時間で仕上げたと思われます。

巧亡き後、日記とデスマスクは
伯教が保管していましたが、
戦後まもなく金成鎮(キム・ソンジン)氏に
託されることとなりました。

伯教と金氏は1945(昭和20)年9月、
ある骨董品店で出会いました。

初対面にも関わらず話がはずみ、
伯教の家で、伯教の眼にかなった陶磁器を
譲ることになりました。

翌日、譲り受ける陶磁器の話がまとまり、
金氏が帰ろうとすると、
奥の部屋から伯教は、
日記とデスマスクを持ってきました。
「これをお渡しします」

以前から巧のことを尊敬していたという金氏に、
何か感ずるものがあったのでしょう。

伯教は陶磁器のみならず、人を見る目も確かでした。

金氏は日記とデスマスクを大事に守ってくれました。
1950(昭和25)年に始まった朝鮮戦争の時も、
家財道具は打ち捨てても、
背中にしょって避難してくれたほどです。

そして、その大事な宝物を1996(平成8)年には、
兄弟の生まれ故郷である当時の高根町(現・北杜市)に、
寄贈してくださいました。

そのことが当資料館設立の大きなきっかけとなったことは、
言うまでもありません。

0 件のコメント: