【開館時間】10:00~17:00(入館は16:30まで)
観覧料】 大人210円  小中生100円

浅川伯教・巧兄弟資料館 (アサカワノリタカ・タクミ キョウダイシリョウカン)
〒408-0002
山梨県北杜市高根町村山北割 3315
   (ホクトシ タカネチョウ ムラヤマキタワリ)
電話:0551ー42ー1447
FAX: 0551ー47ー4784

2010年8月24日火曜日

浅川講座 『巧の日記』を読む

8月21日(土)

浅川講座『巧の日記を読む』が開催されました。

 全6回の講座のうち、第3回目に当たる今回は

大正11年3月分を読み解きました。


先日、スタッフと下條先生との打合せの際に

「巧さんの日記には

   “あそんだ”いう表記がとても多いですね」

という話題がでました。


孤児と小鳥を追うことを遊ぶと言い、

子どもに歴史を教えることを遊ぶと言い、

友人と酒を酌み交わすことを遊ぶと言い

時には仕事へ行くことも遊ぶと表現してします。

遊ぶという言葉の意味と、

日常の心持について

しばし思案してしまったスタッフでした。

全6回の講座ですが、

各回のみの参加もお待ちしております。

また当日参加も歓迎いたします。

会場に飾られた花々。

白い花は韓国の国花であるムクゲです。

生命力の強さから韓国人の歴史と性格に

例えられることもあるそうですよ。